クレジットカードの怖いところ

クレジットカードは今や一人一枚は持っているような時代になりました。年会費のかからないクレジットカードもありますし、クレジットカードで買い物をするとポイントが付いたりとお得なことばかりです。しかし中なにはクレジットカードを持つのは危険だから避けたいと思う人もいるかもしれません。使用している人にとっては何が危険なのかもわからないですが、確かに危険なこともあります。まずインターネットショッピングなどで買い物した際にクレジットカードの情報をハッキングされて不正に利用されてしまうことがあります。また紛失した時もクレジットカードを拾った人に使われてしまう危険性もあります。しかしこのようなケースは稀ですし、なおかつ今は不正利用に対する賠償請求もできるカードがほとんどなのでカード会社に連絡すれば不正利用された分の請求は払わなくてもよくなります。しかしこういったトラブルに巻き込まれないためにもなるべくカードを紛失しないようにしなくてはなりません。