実はリボ払いは怖い!?

私は大学3年生で収入はアルバイトから得ている、ごく一般の学生です。そんな私があることをきっかけにクレジットカードを使うことになりました。初めて持つので説明してくださる方のお話にしっかりと耳を傾け聞いていました。私はリボルビング払い、通称リボ払いに設定しました。リボ払いとは、商品をクレジットカードで購入した場合、その代金を分割して毎月一定の金額を払うといった手法で、収入の少ない学生からかなりの支持を持っています。説明してくださったクレジットカードのお姉さんも「学生さんならリボ払いですよねー」と、さも当たり前のように設定を行われていました。 私も話を聞いた段階ではリボ払いの利便性の良さに喜んでいました。クレジットカードを持つと人間怖いものですぐに今まで買えなかったようなものに手を出したくなります。私は今まで買いたくても買えなかったブランド物の靴を購入しました。その月末、利用額明細書というものが電子メールでスマホに届きました。靴の値段が表示されていましたが今月の支払額は「5000円」との表示になぜだか私はホッとしていました。ですがリボ払いにはもちろんデメリットも存在します。それは手数料です。一括支払いの場合は自分が購入した金額で済みますがリボ払いの時は分割で支払うのでそのぶん手数料がかかります。リボ払いの場合平均が15%となっているようです。ですので仮に1万円の買い物をしてリボ払いで払うとしたら1500円もの手数料が取られる計算になります。こう言ったデメリットに気をつけながら使いすぎに注意して正しく使いこなしてください。