前へ
次へ

かつての奈良の都は外国人でいっぱいだった?

青山の不動産所得は、土地、建物などといった不動産の貸付けによって発生する所得や、船舶、航空機を貸し付けた際に発生する所得、不動産の上に存在する地上権などの権利を設定したり貸付けた際に発生する所得のことを言います。不動産所得の計算方法としては、収入金額の合計から必要経費を引いた金額が青山の不動産所得の金額となります。ここで、総収入金額とは、貸付けによって発生する収入の他に、名義書換料、敷金、保証金、共益費などがあります。必要経費としては、固定資産税や減価償却費、修繕費、損害保険料などがあり、不動産収入を得るために直接必要である費用のうち、家事上の経費であることが明確なものを必要経費として分類することができます。

top用置換

top用置換2
Page Top